連合艦隊

僕がまだ小学校のころに観た映画です。

連合艦隊


おじいちゃん子だった僕は、よく祖父の家に遊びに行っていました。
おじいちゃんは趣味で戦艦や空母のプラモデルを作っている人でした。
思えばその影響ですね。
僕が大和を好きになったのも。


その祖父にこの映画を見せてもらったんですけどね、
そのときの衝撃はそれはすごかったですよ。

海戦描写もさることながら、
大和が動いているのをみたときの感動は今も忘れられません。


ラストにながれる谷村新司の「群青」もすばらしい曲。

ピアノのイントロを聞くだけで、この映画を思い出します。

大人になった今みても、ほんといい映画だと思います。
というより、最後はいつも泣いてしまいますね( ´∀`)




この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔