大和の艦底色は何色?

以前、読んだ本に書いてありましたが、
大和の艦底色は緑色だったという記事。

これは大和に限らず、昭和16年以降に作られた艦艇は
すべて緑色に塗られていたらしいです。


戦時中、艦底にカキが付着して、艦の速力が鈍るのを防止するために、
カキ対策の研究が行われたそうです。

その結果、かなり毒性の強い緑色の塗料で艦底を塗っていたとのこと。

つまり、こういう感じだんだですね

戦艦大和艦底緑

しかし、当然毒性の強い塗料は海の生き物に害を与えます。
そのため、海軍はこの事実を極秘にしていたので、
現在、一般に認知されている大和の艦底は、赤色だということです。

戦艦大和艦底赤

だんぜん、赤色のほうがかっこいいですね。

本当は何色だったのかわかりませんが、
赤のイメージがすりこまれていますので、緑色ではかなり違和感あります(^^;




seyamato at 17:39│Comments(0)戦艦大和の主要目 
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔