フルデジタルの映像制作

アップルのサイトに「男たちの大和/YAMATO」の2000カットをFinalCutProで編集という記事があります。

今回の映画で楽しみなのは、やはり大和のCGシーンや、合成して画像処理しているシーンが見られるところですね。
記事にも紹介されていましたが、合成カットが400以上もあるとのことです。


タイタニックが映画化されたときは、これだけの作品を作れる時代になってきたなら、「戦艦大和」も映画化できるんじゃないのかな、と思ったものです。

そしてパール・ハーバーでの真珠湾攻撃シーンを見たときも、CGの表現力に驚くばかりでした。(そのシーンだけが見たくて劇場に行きました (^_^;)


待ちつづけてきましたが来月、いよいよ大和の映画が公開されます。
すでに予告編ではCGでの合成カットがいくつか公開されていますが、それだけ見てもかなりの迫力があります。本当に楽しみです。




seyamato at 22:26│Comments(2)戦艦大和の映画 
この記事へのトラックバック
1. 男たちの大和 12月17日公開 尾道オープンセット  [ ■■■花壇日記■■■ ]   2005年11月11日 22:24
★男たちの大和グッズ クリアファイル、ストラップ、マウスパッドです。 12月17日からいよいよ映画「男たちの大和」が公開になります。 大和は、私の家族にとっても繋がりがあります。 五代艦長の有賀幸作大佐(今回映画の中では奥田瑛二さんが演じています) ...
この記事へのコメント
1. Posted by あじさい   2005年11月11日 22:31
こんにちは!
TBさせて戴きます。
オープンセットを見に行って
改めて、大和の大きさに驚かされました。
映画の公開が待ち遠しいですね。
2. Posted by タナカ   2005年11月13日 12:00
あじさいさん、コメントとトラックバックありがとうございます。

ロケセット見に行かれたんですね〜。
うらやましいです。

ほんとに、映画の公開が待ち遠しいところです。
原作のほうも素晴らしい内容ですよ。
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔