戦艦大和艦歌

日本海軍では、軍歌演習がよくおこなわれていたのですが、
これは、海軍精神をたたきこみ、乗組員の士気を高めることが目的でした。

大和でも、昭和17年、作詞・作曲の募集をおこない「戦艦大和艦歌」が作られ、
よく斉唱がおこなわれていたようです。



作詞 坂井保朗少佐
作曲 岩田重一軍楽隊長

遠すめらぎの  畏くも(かしこくも)
肇めたまいし  大大和
永遠に栄ゆる  日の本の
神武の正気   今ここに
こりてぞ成れる 浮きつ城

しこの御楯と  畏みて
たおれて止まぬ 尽忠の
大和ますらお  数二千
心を磨き    わざを練り
断乎と守れ   太平洋

ああ悠久に   伝うべき
八紘為宇の   大理想
行くてをはばむ 敵あらば
無敵の巨砲   雷と吼え
撃ちてし止まん 大和砲


この曲だけでも、大和が日本海軍の象徴と捉えられていたことがわかりますね。




seyamato at 11:30│Comments(0)戦艦大和の主要目 
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔