僕たちの好きな戦艦大和 別冊宝島

ユッチンさんのブログで紹介されていましたが、宝島社より僕たちの好きな戦艦大和―最強戦艦神話の夢と現実が12月2日に発売されたんですね〜。

別冊宝島シリーズは、毎回濃い内容で読み応えもありますから期待できそうです。


掲載内容をユッチンさんのページから引用させてもらいますが、
↓↓↓

悲劇の最期から60年、沈黙は破られた! “最強戦艦”神話の夢と真実

最新リポート 映画『男たちの大和』
完全ガイド 『男たちの大和』1/1戦艦大和セット全貌紹介
精密取材 呉市戦艦大和ミュージアム

●新資料と新考証を元に、新たな戦艦「大和」の「モノ」「人」「作戦」に迫る!
●人気仮想戦記作家を含む多彩な執筆陣が、あの「大和」のifを語りつくす
青山智樹/林譲治/鈴木ドイツ/陰山琢磨/多根清史/瀬戸利春/伊吹秀明/霧島那智/山中将司/内田弘樹 ほか
●特別インタビュー
元防衛庁長官 石破茂 
松本零士

となっているようです。

おもしろそうな内容ですね。

内容もそうですが、この表紙↓を見て注文しちゃいました(^^;

僕たちの好きな戦艦大和
僕たちの好きな戦艦大和―最強戦艦神話の夢と現実

ジャケット買いみたいな感じです。




この記事へのトラックバック
1. 男たちの大和 YAMATO その2  [ 映画鑑賞&グッズ探求記 映画チラシ ]   2005年12月06日 22:14
●『男たちの大和 YAMATO』2005年12月17日公開。公開まで後一ヶ月。なんだか地元広島では盛り上がりつつあります。呉の大和ミュージアムもかなりの動員があるらしいです。同日公開になった強敵『キング・コング』とどう勝負するのか?(その前にハリー...
2. 激しく胸打つ「男たちの大和/YAMATO」  [ 万歳!映画パラダイス〜京都ほろ酔い日記 ]   2005年12月31日 14:05
 戦争映画は好きではない。血なまぐさいのもダメだし、戦艦や武器へのマニアックな視点=軍事マニアも大嫌い。ださいタイトルもなあ。だから「男たちの大和/YAMATO」は観るのに、軽いためらいがあった。世評が高いこと、それだけを頼りに観た。結果は、先入観をまった...
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔