泣けた・・・

人気blogランキング


観てきました、映画「男たちの大和/YAMATO」。

朝1番の上映をねらって劇場に行ったのですが、すでに長蛇の列。
年配の方もたくさんこられていました。

映画がはじまると、それまでポップコーンをぽりぽりと食べていた人達の手がとまり、みなさん食い入るようにスクリーンにひきこまれていました。



それにしても、さすが実物大のセットを組んだだけあって、
大和の映像はすばらしくリアルでした。
現在のCG技術も進歩していますので、大きなスクリーンでみても違和感を感じませんでした。

さらに、演技派の俳優さんが勢ぞろい。
これが本当に素晴らしい演技で、別離のシーンではそれが際立っていました。
子を思う親の気持ち、親を思う子の気持ちが痛いほど伝わってきて何度も泣いてしまいました。


気が付くといたるところですすり泣きの声が聞こえていました。
こんなに劇場全体が泣いている映画なんて初めてでした。

最後の沖縄特攻での戦闘シーン。
米軍による怒涛の攻撃に反撃する大和乗組員。

永遠に続くかと思われたこのシーンでは、戦争というものが人の命や想いをいとも簡単に奪い去っていくものだと思いしらされました。

原作を読んでいたから、それを思い出してまた泣けました。

2時間40分という時間はあっと言う間に過ぎ、エンディングがはじまりました。
長渕剛の歌がながれてテロップも出ているのですが、誰も席を立ちません。
みんな、最後まで席から離れませんでした。

隣に座っていた年配の方は最後まで号泣していました。


本当に素晴らしい映画でした。
これを書いていると、また思い出して泣けてくる・・・(T_T)


久しぶりにパンフレットも買いました。
大和について基本的なことが書いてありましたので、
大和を詳しく知らないという方にはおすすめです。




seyamato at 19:42│Comments(0)戦艦大和の映画 
この記事へのトラックバック
1. 男たちの大和 YAMATO その2  [ 映画鑑賞&グッズ探求記 映画チラシ ]   2005年12月18日 20:54
●『男たちの大和 YAMATO』2005年12月17日公開。公開まで後一ヶ月。なんだか地元広島では盛り上がりつつあります。呉の大和ミュージアムもかなりの動員があるらしいです。同日公開になった強敵『キング・コング』とどう勝負するのか?(その前にハリー...
2. 男たちの大和  [ うぞきあ の場 ]   2005年12月18日 20:54
■ストーリー    なんか、タイタニックみたいな始まり方(回想)だと思ったら、    やはり最後までタイタニックみたい(ネックレスを捨てる→散骨)だった。    この話は、実在する、大和の乗組員の生存者の話を元に構成されているが、    結局、何を言いたかっ...
3. 男たちの大和/YAMATO  [ 大藤@日本國 ]   2005年12月19日 02:15
 主役が「神尾」つながりという事で、先日見た「劇場版AIR」に続き今度は映画館で「男たちの大和/YAMATO」を鑑賞。冒頭シーンは呉の大和ミュージアム。戦後60年、2005年の映画ということを強調した作り。さすがに実物大の戦艦大和セットを組んだだけあって、大和艦上のシ...
4. 戦艦大和の真実  [ 夢幻の如く・・・・ ]   2005年12月21日 00:02
今月の雑誌“歴史街道(PHP研究所)”は戦艦大和の特集でした。 当時の技術の粋を
5. 『男たちの大和/YAMATO』見てきました  [ 朝日歌壇鑑賞会【今週の作品】 ]   2005年12月21日 21:37
 終戦60周年記念映画「男たちの大和/YAMATO」(佐藤純彌監督)が17日、全国東映系映画館で公開されました。  「男たちの大和/YAMATO」オフィシャルサイトはこちら。  私こと事務局長は、試写会のペア入場券がネットで当たったので、12月上旬に都内某所....
6. 重厚、武骨な作品 「男たちの大和 YAMATO」  [ わたしの見た(モノ) ]   2005年12月26日 21:58
YAMATO浮上!-ドキュメント・オブ・『男たちの大和/YAMATO』- ?「男たちの大和 YAMATO」 正月映画の中で、製作発表時から、 ダントツ期待値が高い2作品、 「キング・コング」と?「男たちの大和 YAMATO」 どちらも期待を裏切らない、素晴しい出来ばえだった。
7. 『男たちの大和/YAMATO』  [ Today's keen! ]   2006年01月10日 01:33
ここ一年くらいの邦画戦争シリーズ(?)のフィナーレという感じで捉えてたこの映画。 ご無礼しました。 フジテレビのあの三部作と同列に並べるなんて失礼千万というもの。 (ちなみに『ローレライ』『戦国自衛隊1549』『亡国のイージス』ね) なんというかなぁ。まずは....
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔