大和型戦艦の特徴を解説しています。


今回は二番主砲部と十五.五センチ副砲の解説です。


大和型戦艦に搭載された十五.五センチ三連装砲は、
もともとは最上型巡洋艦に搭載されていたものを流用したものです。

この十五.五センチ三連装砲の特徴は、

1・六十口径という長砲身
2・高初速
3・日本海軍が開発した砲の中でも一、二を争う命中精度
4・仰角が広いために高角砲としても使用できる
5・敵機の来襲に対しては効果的な弾幕を張ることができる

という非のうちどころのない優秀な砲でした。

二番主砲部と十五.五センチ副砲
この優秀な十五.五センチ三連装砲は、大和型戦艦の副砲として、
前後の主砲の後ろと、船体中央部両舷に搭載されました。
それが、竣工時の姿です。

太平洋戦争がはじまり、航空機主力の時代にはいると、
艦載機との対空戦闘を意識した改装が行われ、
両舷にあった二、三番副砲塔は撤去。

主砲の前後に搭載された一、四番副砲塔はそのまま残されましたが、
逆に、これが大和型戦艦の最大の弱点となってしまったのです。



もともとは、軽巡洋艦の主砲として設計されていたため、
その装甲は薄く、艦載機の急降下爆撃でも簡単に貫通してしまうもろさ。


大和型戦艦に搭載されるときには、多少の改良がほどこされて
装甲も厚くなったのですが、
爆撃のかっこうの的となる戦艦に搭載するには、
あまりにも防御力が不足していました。


その薄い装甲のすぐ近くには、世界最大といわれた大和の主砲が。
副砲が爆発して、主砲火薬庫に誘爆してしまうとどうなってしまうのか・・・


その答えが、大和沈没時に出現した爆発による巨大なキノコ雲だったのです。


(参考)連斬模型に入っていた解説書