沖縄出撃直前の戦艦大和

何とも驚くべき情報です。


沖縄へ出撃する5時間30前の、戦艦大和の写真が発見されたようです。


米軍の偵察機が、1945年4月6日午前10時ごろに、現在の山口県周南市沖の瀬戸内海高度約9300メートルから撮影した写真。



沈められる直前の無傷の「大和」の写真が見つかったのは初めてです。


米国立公文書館所蔵の記録写真の中から、大和ミュージアムと民間の戦史研究団体が発見したとのこと。

その貴重な写真はこちら↓↓

無傷の大和写真
沖縄に出撃する前の無傷の戦艦大和


大和ミュージアムの依頼を受け、「空襲・戦災を記録する会全国連絡会議・米軍資料研究会」代表責任者で、山口・徳山高専教授の工藤洋三さんが、今年3月に探し出したようです。


左舷には雑役船が横付けされており、戦闘準備のため可燃物や不要物の陸揚げをしていたとみられます。


写真には巡洋艦矢矧や駆逐艦6隻が写っており、写真説明には「戦艦『大和』級1、重巡洋艦1、駆逐艦6」とあり、何もかもが米軍に知られていたことがうかがえますね。



大和ミュージアムによると、沖縄特攻の対空戦に備え、大和が主砲塔などに機銃を増強した様子が分かるといいます。

レイテ沖海戦後の44年末に増設した、艦尾部の三連装機銃台座などが初めて写真で確認されたそうです。



この貴重な写真は今年中に大和ミュージアムでも展示されるようです。


しかし、大和が沈んで60年を経た現在でも、こうした新たな写真が見つかるのですね〜。

アメリカにはこうした貴重な資料がまだ発見されないまま数多く眠っている気がします。




seyamato at 18:02│Comments(10)戦艦大和の主要目 
この記事へのコメント
1. Posted by トチロー   2006年07月05日 10:03
僕もニュース見ました。これはすごいですね。
さすが米軍。カメラの性能が良いのが幸いでしたね。
なんでこれほどの船の写真がこんなに少ないのか。重要機密とはいえ少なすぎますよね。おっしゃる通りアメリカにはまだまだたくさん眠っていると思いますよ。(押収物を含む)
2. Posted by タナカ   2006年07月05日 18:01
トチローさん、コメントありがとうございます。

大和の写真がもっともっと出てくればいいなと願っています。

動いている映像もあるのではないかな〜、とも思っています。
3. Posted by ゾロ   2006年07月05日 23:05
これはカラーなのですね。良く大和模型では最上甲板の木が茶色というか木の色に塗られているのを見かけますが、明らかに暗い色に塗られておりますね。
4. Posted by タナカ   2006年07月08日 23:02
ゾロさん、コメントありがとうございます。

燃えにくくするために、黒く塗ったと言われていますね。

今まで必死に磨いてきた甲板を黒く塗りつぶされてショックだった、と話す乗組員もいたとか・・・
5. Posted by よしおっち   2006年07月18日 00:46
5 大和が謎の敵艦隊を追尾している画像が発見されました

http://jp.f30.mail.yahoo.co.jp/ym/ShowLetter/DSCF0012.JPG?box=Sent&MsgId=4875_3651046_1619_613_449460_0_25822_584020_4141602137&bodyPart=2&filename=DSCF0012.JPG&tnef=&YY=52074&order=down&sort=date&pos=0&view=a&head=b
6. Posted by 名無し三等兵   2006年08月03日 01:07
甲板をグレーに塗り潰したのは、火災防止というよりも、上空の敵機から発見されにくくするためだったそうです。ただ、昭和20年当時の米軍機には水上レーダーが装備されていたので、甲板の塗装も時既に無駄だったわけです。
7. Posted by もご   2006年11月30日 13:45
私は、戦争とか興味がありませんでした。でも男たちの大和を見て戦争に興味がわいてきました。もっと、大和についてすごく知りたいです。大和が沈んでしまったことそのときの状況を知りたいです。
8. Posted by REALIST   2007年01月13日 21:52
11月10日に広島県呉市の「大和ミュージアム」に行きました。なかなか見応えがあり、勉強になりました。海底から引き揚げた大和乗組員の遺品も展示してありました。
9. Posted by 平和   2007年07月02日 18:02
沖縄嘉手納基地に向かう大和の写真、貴重ですね。
この時の大和乗組員の方たちの心中に同じ日本国民即ち同胞を自らの命と引き換えに助けよう!という強い気持ちがあったのだと思うととても胸が痛みます。

 この乗組員(軍人)の心・意思に報いる為にも
沖縄・嘉手納基地付近に戦艦大和平和記念館や大和記念碑のようなものを造り、沖縄県民にもう一度当時の日本政府・軍部の真実を、そして心を深く知り、本当の意味で平和、日本の国防について考える場が出来ることを望みたいです!!
10. Posted by 大和好き   2012年01月09日 09:56
5 男たちの大和は感動しますね
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔