レイテ湾を目指す連合艦隊−戦艦武蔵の最期

1944年(昭和19年)10月24日。

フィリピン諸島中部の島、ミンドロ島近くを進む艦艇群があった。


戦艦大和、武蔵、長門をはじめとする27隻の連合艦隊である。

彼らは、航空機の援護を持たずにレイテへ突入しようとしていた。





この日の前日、23日早朝6時30分すぎ、パラワン水道において、第一遊撃部隊の旗艦「愛宕」が右舷に4本の魚雷を受けて沈没。

同じく「高雄」「摩耶」も魚雷を受けて沈没した。

それは早朝の対潜訓練が終わってすぐのことであった。


艦隊の動きは、アメリカの潜水艦により追跡されており、早くも重巡3隻が失われていたのである。



24日7時46分。
アメリカ空母インピレッドの索敵飛行隊が、2つのグループに分かれた日本艦隊を発見した。

栗田長官率いる第一遊撃部隊主隊である。

第1遊撃部隊対空陣形


第1部隊(上画像右側)は、戦艦大和・武蔵・長門を中心に、重巡妙高・鳥海・羽黒。
軽巡能代。駆逐艦島風に、夕雲型駆逐艦、早霜・秋霜・岸波・藤波・沖波・濱波。

計14隻。


第2部隊(上画像左側)は、戦艦金剛・榛名を中心に、重巡熊野・筑摩・鈴谷・利根。
軽巡矢矧。陽炎型駆逐艦野分・浦風・濱風・雪風・磯波。
夕雲型駆逐艦清霜。

計13隻。


10時13分、シブヤン海を東進中の連合艦隊は、敵編隊を探知。
敵機来襲の報が、大和より全艦にはっせられた。

10時26分、アメリカ軍の第一波45機が戦艦群に襲いかかった。

大和の三式焼霰弾(対空三式弾)発射に続き、各艦が一斉に攻撃を始めた。


弾幕の中をくぐり、敵機は急降下攻撃を繰り返してくる。


大和の森下艦長は巧みに魚雷や爆撃をかわしていった。


第1波の空襲の後に、第2波攻撃機31機が来襲。

やはり、大和・武蔵を集中してねらってきた。


この第2波までの攻撃で、大和には命中弾は無かったが、武蔵は直撃弾2発と魚雷3本を受け、艦首部は約2メートル沈下。そのため速力は22ノットにまで低下していた。


続く第3波の攻撃で、大和の1番主砲右舷前方に爆弾が命中。

一方の武蔵はさらに4本の魚雷を受けて被害が深刻化していた。
艦首の沈下は4メートルに達し、艦内の1147に分かれた注水区画のほとんどが浸水注水で満水となった。

速力は低下し、第1部隊から大きく落伍しはじめる。


第4波、第5波と続く敵機の攻撃は、ごくわずかの速力しか出せない武蔵に容赦なく集中した。

攻撃を受ける戦艦武蔵

命中した魚雷11本。直撃弾10発。

最上甲板や艦内は、戦死者と負傷者で埋め尽くされ、まさに地獄絵図と化していた。


生き残った乗組員は復旧作業を進めるが、左舷への傾斜は回復せず、その傾きは12度にまでなった。


19時15分。
武蔵艦長の猪口敏平大佐は、総員退去用意を命令。


19時30分。
武蔵は左に転覆。そして艦尾を立てたまま、シブヤン海へと消えていったのである。


猪口艦長は艦橋休憩室で武蔵と運命を共にすることを選んだ。


彼が連合艦隊司令長官にあてた遺書にはこう書かれてあった。

「不沈艦といわれた武蔵であったが、航空機の攻撃には以外に脆かった」




seyamato at 18:07│Comments(8)戦艦大和の生涯 
この記事へのコメント
1. Posted by kanzaki   2007年02月08日 20:34
4 突然の投稿失礼いたします。

はじめまして。
「戦艦大和チルドレン」というブログを運営しておりますkanzakiと申します。
このサイトのジャンルが私のサイトのジャンルと類似していることから今回、相互リンクのお誘いをさせていただきました。

私のサイトでも、戦艦大和の紹介や、私なりに大和について考察した文章を公開しています。
よろしければ、「戦艦 大和チルドレン」へリンクをしていただけないでしょうか?

【戦艦大和チルドレン】http://yamato-senkan.seesaa.net/

了承の際はお手数ながら私のブログにコメントを残す、又はメールアドレスにメールしていただけたらすぐにリンクを始めたいと思います。
ご検討いただければ幸いです。どうぞよろしくお願いしますm(_ _)m
2. Posted by Tomo   2007年02月21日 19:59
今妙高についての情報を集めています。今アメリカの学生で私のおじいちゃんが妙高に戦時中いたのをリサーチの課題にしようと思ってます。どうしたら情報を得れるか教えてください。
3. Posted by 妙高   2007年06月18日 23:44
3 自分のおじいちゃんも妙高の乗組員でしたよ。
4. Posted by いっぺい   2008年03月12日 01:56
いきなりで失礼します。

呉市出身で海軍墓地(大和慰霊碑のある公園)へ
徒歩1分のこころに実家があります。
小学生の遠足では江田島の海軍資料館や広島の原爆資料館に行きました。

普段は犬の散歩や子供達が走り回る海軍墓地ですが、
年に一回、水兵さんたちが物々しく集まって追悼の式が行われていました。
号令やラッパの音が実家にも聞こえてきたものです。

大和好きなことが伺える大変素晴らしいブログだと思います。
でも、広島の者にとっては大和も原爆も同じです。
遺族に配慮のある言い回しを期待します。
5. Posted by 水野翔太   2008年12月08日 15:15
5 近所に戦艦武蔵の生き残りの人いることを知ったので、戦艦武蔵について知りたくなったので、
調べてみたのですが、わかりやすかったので、
とてもよかったです。
6. Posted by 匿名希望   2010年01月08日 20:28
>「不沈艦といわれた武蔵であったが、航空機の攻撃には以外に脆かった」

「意外」ですね?
7. Posted by けんた   2011年01月14日 17:55
5 大和武蔵
8. Posted by トモ   2014年05月26日 02:34
5 読んでいると泣けてきます。
私の祖父も連合艦隊と共に散りました。
真っ白な軍服を着たセピアカラーの写真が一枚だけあったのですが、父が亡くなった時に棺に一緒に入れました。
幼い子供七人と妻を残し乗艦、そのまま帰らぬ人となり後を追うように妻も亡くなり子供ばかり七人で大変な苦労をしたようです。
一番幼かった男の子は栄養失調で亡くなり兄弟達で河原に埋めたそうです。
貧困生活を極め雑草で飢えを凌ぎながらの幼少時代だったので父の子供時代の写真は一枚もありません。
戦争は沢山の悲劇を生みます。
同じ過ちを繰り返してはなりません。
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔