戦艦大和(せんかんやまと)

太平洋戦争時、日本海軍の象徴として誕生した、巨大戦艦大和の造形美をお伝えしています。
「大和は世界一美しいフネだった。・・・青春を犠牲にして悔いのないフネだった」(元大和乗組員)

戦艦大和(せんかんやまと) イメージ画像

駆逐艦雪風の生涯

戦艦大和から少しはなれて、奇跡の駆逐艦と言われた、 「雪風(ゆきかぜ)」の生涯についてかいてみます。 昭和十五年。 雪風は、陽炎型駆逐艦の八番艦として佐世保の海軍工廠にて竣工しました。 〇基準排水量:2033t 〇全長   :118.5m 〇最大幅

奇跡の駆逐艦と言われた雪風の生涯を紹介しています。 前編はこちら→「駆逐艦雪風の太平洋戦争」 雪風の戦後 戦争が終わり、武装は解除されましたが、 まだまだ雪風の勤めはつづきます。 各地で戦っていた軍人たちの引揚に従事するため、 まさに東奔西走

↑このページのトップヘ